男性の悩み解消 >  体の悩み >  包茎の直し方

包茎の直し方

一人一人に合わせた安心の包茎手術!過去20万人の実績

包茎について、包茎直し方について

包茎の種類

包茎の種類には・・・

仮性包茎、真性包茎、カントン包茎があります。


1、真性包茎
真性包茎とは、ペニスが勃起した時も、していないときも
全く皮をむくことが出来ない状態。
このままでは正常なセックスを行う事は不可能。

亀頭が常に覆われているため、亀頭の成長を妨げ、
先細りのペニスになりがちである。
排尿時も困難。

むろん真性包茎は勃起しても皮に包まれたままです。


2、カントン包茎
カントン包茎とは、真性包茎の一種です。

カントン包茎とは、無理に亀頭部分をださせようとして、
自分で包皮を強引に剥いたことによって、
包皮が元の位置に戻らなくなり、
亀頭の根元を締めつけてしまう状態の事を、
カントン包茎と呼んでいます。

カントン包茎の原因として、包皮口が狭い事があげられます。
包皮口が狭い場合、亀頭を露出するとことにより、
亀頭の付け根が締め付けられ、包皮への血行も悪くなり
包皮が水ぶくれのようにはれあがります。
最悪の場合鬱血(うっけつ)状態になり、重大な事態になります。

早急に治療が必要です。


3、仮性包茎
仮性包茎は、日本人に1番多い割合の包茎のタイプ。

通常は包皮が亀頭を覆っているが、
手でむけば簡単に露出させることができる包茎が仮性包茎です。

勃起時はほとんど亀頭が
自然に露出する(正常に近い)ものから、
勃起時でも、ほとんど皮が被った状態(余った皮が多い)の
重度のものまでが仮性包茎である。
仮性包茎の比率、包茎率も高いようです。

仮性包茎の場合、程度によっては、
性行為にそれほど問題が無いので、
矯正、改善せずそのままにしておく方が多い様ですが、
仮性包茎ですと日頃、包皮が亀頭に被っている為に
恥垢が溜まりやすく、湿っている状態なので
不衛生で臭いニオイになりがちです。
病気になってしまう事もありますので、清潔に保つようにしましょう。


おすすめの方法


包茎直し方


包茎直し方について・・・

仮性包茎の直し方(治し方)として、
自分で治す、自己治療法として、いつも包皮から亀頭を出しておく
習慣が包茎直し方として効果的である。

その仮性包茎を自分で治す、直し方は簡単です。
トイレに行くたびに、陰茎の包皮から亀頭を出してから
パンツにしまいます。
後、お風呂で出す方法も良いです。

初めのうちは、気が付くとパンツの中で包皮が
元通り亀頭を覆っている事の繰り返しでしょうが、
根気良く続けてください。
いつのまにか、出ている時間の方が長くなってきます。
この方法で、仮性包茎が治った(直った)という方も多いです。
簡単ですが、これが仮性包茎直し方としては有効です。


真性包茎、カントン包茎直し方としては、
基本的には、手術などの治療をした方がいいです。

手術が必要かの見分け方
まず、手術した方がいい包茎と、
手術なしでも治る(直る)包茎をきちんと区別しておきましょう。

真性包茎では、
亀頭の表面と包皮が癒着を起こしていることが多く、
強引にむこうとすると、傷つけることもありますので。

カントン包茎では、
下手に皮をいじるとペニスの壊死を招くことがあります。

しかし、子供、小児、幼児の時は基本的に真性包茎でも
手術などの治療、処置は必要ありません。

真性包茎でも程度により
手術などの治療の必要のない場合もありむしろ、
自分で包皮を伸ばすして広げることにより、
治る(直る)場合もあります。
しかしお医者さんに診てもらうことをオススメします。

真性包茎の直し方、手術はお医者さんでも手術などの治療が
必要かどうかは、わかれるようですので、
まずは、お医者さんに診てもらってください。
切らない直し方もあるようですが。

仮性包茎は、
手術などの治療なしで治す・直すことができます。
自分で包皮をむく習慣をつけることで正常に戻せるのです。

一人一人に合わせた安心の包茎手術!過去20万人の実績

体の悩み

関連エントリー

わきが対策と口コミ
包茎の直し方
自毛植毛の体験、植毛体験
インポの原因と治し方
赤ら顔を改善する方法と対策
レイシック手術、その前に
ヒゲの永久脱毛、男性もひげの永久脱毛
睡眠時無呼吸症候群の症状と治療
あがり症を克服する方法
メタボリック症候群の対策
若はげ対策をこっそりと
爪水虫を治療する
バイヤグラ情報